2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガイガーカウンターのこと

そろそろこの話してもいいんじゃないかな・・・

どうも。近頃、エア御用の取り巻きとか言われてる、やまだです。

都内で計測したところ、こんなことになりました!



わーー!23区内も汚染されてる!避難しなくちゃあああ!(棒)

さて、これはどういうこと?使った測定器は、ガイガーカウンターとしちゃ結構な高級品、S.E.InternationalのDigilert 100です。これはかなり良いものですよ。何せ管にはLNDの712使ってますし、何といっても信頼のアメリカ製です。S.E.Internationalは、かのInspectorも作ってますが、Digilert 100はInspectorのマイカ窓管版(Inspectorはパンケーキ)と言っていい製品です。

高級なガイガーカウンターだし、高性能だからこの読みは正しい?

いいえ、ちがいます。


実はこのような表示は、どんなガイガーカウンターでも『あり得る』現象です。簡単に言っちゃうと「たまたま」出ただけ。なので、こんな写真だけを見せて汚染されてるとか騒いだところで何もなりません。

なぜこうなるのかというと、放射線はものすごく気まぐれだからです。放射性物質はある一定の周期で放射線を出すのではなく「確率」に支配されています。
ガイガーカウンターは大抵の場合、検出した際に音を出したり、光を出したりしますがその挙動を良く観察してみましょう。

カリッ  カリッ                           カリッ

カリッカリッ          カリッ

みたいに挙動するはずです。

もし、数値だけだして検出の状態を出さないガイガーカウンターがあったら、それは買ってはいけませんそういうのに限って、CPM値とかカウント値も出さないので、そいつはクソです。

さて、ここで

カリッカリッ          カリッ
↑   ↑
この部分だけみてみると、ここはものすごく密度が高いです。でも、次までは密度が低いですね。
ガイガーカウンターが検出できるのは、この「カリッ」なだけで、要するに「パルス」を検出しています。そのパルスの数をかぞえて、変換することでμSV/hの値などに換算しているのですが、「まれに」しかパルスが来ない(=低線量)の所では、とても散発的にしかパルスが来ないので、その時間間隔を測るなどして平均したり予測したりして(この部分のアルゴリズムはメーカーごとのノウハウもありますし、普通は公開されていません)、デジタルの読みに換算しています。なので、低い線量の地域では、その表示はかなり「あやふや」だと思ってください。

例えばLND712管だと、乱暴に言うと10CPM(1分間に10個)あると0.1μSV/hに換算します。ということは、たまたまある1分間に20個パルスが出たら、0.2μSV/hという数字を出してしまいますが、もしかすると次の1分間はパルスが5個しかこないかもしれませんし、全くこないかもしれないということです。

なので、なるべく正確に測定したければ長時間の平均を取るしかありません。
Digilert 100は高級なお高い機種なのにそんなのもちゃんと計算できないの!?酷い!とか言わないように。もともとガイガーカウンターなんてのは比較的、高線量(1μSV/hとか)で使うもんなので、低線量ではエラーが大きくなるのです。
そんなわけで、Digilert 100には「ある一定時間のカウント数を計測する」機能がついてます。低線量地域ではこれを使えと、ちゃんとマニュアルにも書いてあります。

で、同じ場所で10分間のカウント数を測ってみると

NEC_0051.jpg

108カウント、つまり10.8CPMしかないことになります。乱暴な換算だと0.108μSVですが、この数字を「高い」と思うのも間違いで、23区内でも普段からガイガーカウンターは10~20CPMは鳴ります。この値だと、通常のバックグラウンド放射と変わりません。

結論を言うと
・CPM数やカウント数が出ないガイガーカウンターはダメ。買ってはいけない。
・低い線量のところでは長時間かけてカウント数を測る。
・バックグラウンドがどの程度あるか知っておくべき。

ということになります。なので、端的にいっちゃうと『計測時間が短いから優秀です』という広告をしているガイガーカウンターは買うべきではありません。むしろ『計測時間は10分です』というガイガーカウンターの方が高性能です。

バックグラウンドは普段がいくつだったか、というのは事故後ではとてもわかりにくいですが、日本国内なら10~20CPMは割と普通です。

なお、安全を煽るつもりは全くありません。都内でも高い「場所」はあります。よく知られているように、雨樋とか水のたまるところは高いです。そういうところは、ちゃんとお片付けをしたほうがいいです。

植え込みとか側溝が高いのも当然です。ですが、植え込みとか側溝とか歩道の端が高いので、子供たちが~~~と騒いでいる団体の皆様におかれましては、そこで短時間しか過ごさない子供達よりも、植え込みとか側溝とか歩道で24時間生活してる皆さんの救出をまずやってはどうでしょうか?なんでやらないの?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadanohito.blog72.fc2.com/tb.php/62-23eeed61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

yamadanohito

Author:yamadanohito
『やまだの人』
ニコニコ動画に「やまだ音楽」シリーズなどを上げています。
Electribeプレイヤーの端っこの方にいます。もともとはESX-1使い。音声処理用に「サンプラーあれば便利じゃ?」と購入。

気が付いたらなぜかEMX-1も家にあったんだぜ!ぐはっ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (15)
ニコニコ動画 (8)
Arduino (27)
回路図 (3)
スケッチ (2)
Live (6)
ガイガーカウンター (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。