2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ableton LiveでDJing その2 ~環境設定~

それではまず環境を設定しましょう。Liveを起動する前に、オーディオインタフェース、MIDIコントローラーの接続とインストールを済ませておいてください。

初めてLiveを起動すると、こんな画面が表示されるはずです。

L001.jpg

この画面はLiveでは『セッションビュー』と呼ばれるものです。Liveの詳しい機能や操作については右端のビューに表示されている「レッスン」を行ううことで、理解することができます。このレッスン、一度はやっておいて損はありません。
実際のプレイ時には邪魔になるのでレッスンは消しておきます。そうすると、こんな感じの画面になるはずです。

L002.jpg

それでは環境設定を行いましょう。[オプション]から[環境設定]を開きます。
まずオーディオインタフェースを設定します。タイプをASIOにし、接続しているインタフェースを選びます。

L003.jpg

L004.jpg

ここではAudio 2 DJを使用しているので入力はありませんから、『チャンネル設定』の『出力設定』を押します。次の画面のように基本的にすべてのチャンネルをLiveが使えるようにしておきます。

L005.jpg

普通にDJをするだけであればステレオの1&2と3&4だけ設定しておいてもかまいません。
これでオーディオの設定は終わりです。

次にMIDIの環境設定を行います。同じく環境設定からMIDI Syncを開き、接続しているMIDIコントローラーのトラックとリモートをONにしておきます。この画面では諸般の事情で"USBオーディオ"と表示されていますが、一般的にはこの部分は接続したMIDIコントローラーの名前が表示されるはずです。

L006.jpg

オーディオとMIDIの設定が完了したならば、環境設定を閉じます。
MIDIコントローラーが正しく設定できている場合、MIDIコントローラを操作するとLiveの右上のインジケーターが点滅します。
L0007.jpg
スポンサーサイト

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadanohito.blog72.fc2.com/tb.php/54-62abef98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

yamadanohito

Author:yamadanohito
『やまだの人』
ニコニコ動画に「やまだ音楽」シリーズなどを上げています。
Electribeプレイヤーの端っこの方にいます。もともとはESX-1使い。音声処理用に「サンプラーあれば便利じゃ?」と購入。

気が付いたらなぜかEMX-1も家にあったんだぜ!ぐはっ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (15)
ニコニコ動画 (8)
Arduino (27)
回路図 (3)
スケッチ (2)
Live (6)
ガイガーカウンター (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。