2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EMX/ESX LED交換方法

※当然ながら壊す危険性を伴う作業です。各自自己責任で。
表面実装のLEDをサブミリ単位で半田付けする作業です。自信のない人は手を出してはいけません。
メーカーの保証や修理も受けられなくなります。

・必要なもの
 半田ごて2本 : 二刀流でLEDを外します
 ピンセット
 半田適量
 六角レンチ、プラスドライバーなど

 LED:面実装の2012(2.0x1.2mm)タイプ。好きな色のものを必要な個数。


・まずツマミを全部抜きます。がんばれば抜けます。この時、斜めに抜かないように。垂直に上に真っ直ぐ抜くこと。
 ポテンショメータの軸は全てプラですので注意しましょう。
 アルペジエータのスライダーも抜きます。

・パネルを止めている六角ネジを全部外します。すると上面のカラーパネルが取れます。
・パネルが取れてもまだ鉄板が見えますが、真空管の周囲にある白のネジ、4本を外します。
 黒いネジは外す必要はありません。
・コントロールパネルと下半分が外れます。そっと持ち上げます。
・コントロールパネルと下半分を繋いでいるケーブルを、下側のコネクタのところで抜きます。
 オーディオ出力部分に3個、メインボード部分に1個とメインボード部分のフラットケーブルが1個あります。
 フラットケーブル部分は、抜け止めが施されているので、ネジを外して抜け止めを外します。
・これでコントロールパネルと下部分が分離できるので、壊さないように置いておきましょう。
・コントロールパネルを裏返し、アルペジエータを外しておきます。
 コネクタはロック式なので、ロックを引いてフレキを引き抜きます。これは切ってしまうと大変なので注意。
・見えている黒いネジを全部外します。
・コントロール基板が外れるので、慎重に外して表面を上にします。

もともと付いているLEDは2016タイプですが、2012でも付きますので入手の容易な2012で代用します。

・交換したい箇所のLEDを外します。この時、二刀流が必要になります。両方のランドを同時に加熱して外します。
 一般的に外したLEDは再利用しないので、私は半田ごてにくっついてきたのをスポンジでぬぐって捨ててます。
・LEDを外したランドを、きれいに均らすか、半田吸い取り機や網線などできれいにしておきます。
・ピンセットでLEDをつまみ、まず片側だけ半田して固定します。この状態で位置をちゃんと調整しておきます。
 LEDの向き(極性)に注意。方向は基板上にシルクしてあります。
・位置の調整が完了したら、反対側も半田し、固定します。

あとはこの作業を繰り返し、終わったら元のように組み戻すだけです。
真空管部分は、真空管基板を外せば交換できますが真空管を割らないように注意。
液晶部分は、ちょっと色々とコツが要るので説明しません。普通の2012タイプはそのままは付かないので、垂直に半田するというヒントだけ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadanohito.blog72.fc2.com/tb.php/51-2592e7cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

yamadanohito

Author:yamadanohito
『やまだの人』
ニコニコ動画に「やまだ音楽」シリーズなどを上げています。
Electribeプレイヤーの端っこの方にいます。もともとはESX-1使い。音声処理用に「サンプラーあれば便利じゃ?」と購入。

気が付いたらなぜかEMX-1も家にあったんだぜ!ぐはっ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (15)
ニコニコ動画 (8)
Arduino (27)
回路図 (3)
スケッチ (2)
Live (6)
ガイガーカウンター (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。