2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bliptronic 5000 Synthesizer その1

はい、まずわかったことをひとつ。

複数台を連携動作させるには、こんな感じで繋いでいきます。

(1) --> LINK IN [BP5K] LIINK OUT ---> LINK IN [BP5K] LINK OUT ---> LINK IN [BP5K] LINK OUT --> (1)へ

なんじゃこりゃああ!!ですが、ThinkGeekの動画を見てもわかるように、接続には2本のリンクケーブル(モノラルの3.5φオーディオケーブルでOK)を使用します。最初、なぜこんな接続をするのかが不明だったのですが、使ってみて判明。やっぱこういう物は買うなら2台以上だな。

LINKはシーケンスの『横』方向の延長にしか使えません。複数台を同期させて使うためのものではないようです。
どういう動作をしているかというと、次の通り

・このモードでは各Bliptronic 5000のLOOP設定をワンショットにしておきます。
 ツマミが左の状態
・1台目(どこでもいい)のシーケンスが8ステップ走り終わると、次のBliptronicを走らせるためのパルスがLINK OUTから出ます。
・LINK IN でこのパルスを受け取ったBliptronicは自分のシーケンスを開始し、終了するとLINK OUTからパルスを出します。
・後はこの繰り返し

つまり『最後』のBliptronicから最初へのLINKを接続していないと、ループシーケンスは形成されないので、接続した台数分の『長い』ワンショットシーケンスが実行できることになります。

個々のBliptronicは『勝手』に走ります。BPMも音色も、そこで設定されているもので動作します。なので
BPM60 -> BPM120 -> BPM60
のようなシーケンスを組むこともできます。

問題はBPMは誰もコントロールできないこと。個体にバラつきがあると困ったことになるはず。
パルスは正極性で+5Vがトリガになるので、ワンショットにしておけばシーケンスの開始は指示できます。
なのでMIDI同期を作るなら、MIDIクロック/スタートを契機にトリガするパルスを作ってやれば、外部機器から開始は指示できるのですが、BPMは勝手に走っているので、ちょっと困るなぁと。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamadanohito.blog72.fc2.com/tb.php/44-88c55091
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

yamadanohito

Author:yamadanohito
『やまだの人』
ニコニコ動画に「やまだ音楽」シリーズなどを上げています。
Electribeプレイヤーの端っこの方にいます。もともとはESX-1使い。音声処理用に「サンプラーあれば便利じゃ?」と購入。

気が付いたらなぜかEMX-1も家にあったんだぜ!ぐはっ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (15)
ニコニコ動画 (8)
Arduino (27)
回路図 (3)
スケッチ (2)
Live (6)
ガイガーカウンター (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。