2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Inspectorが無ければ作ればいじゃない!

パンケーキガイガーの定番といえばInspectorです。だがしかし!あれ以来、Inspectorは売り切れまくりのボリまくりの納期遅延しまくりです。一説では日産300台という恐ろしいペースで製造されているそうですが、それでもバックオーダーがまだ捌けてないとか。現在の納期は6ヶ月だそうです。
そんでもってInspectorはそこそこ値段します。600ドル弱くらい。事故前からそんなもんです。円高の今は超チャンスなんですけどね。

でまあ、基本「なければ作れ」なので作っちゃいましょうというわけでロシア産パンケーキを入手したのが前のエントリ。つうわけでこれを使ってガイガーカウンター自体を作っちゃいます。

回路はそのへんから適当にパクってきたのをアレンジしてしまえばよいです。ガイガー管向けの高圧発生回路なんで、どれもこれも同じようなものなので流用してしまえばおk。

で、まあ紆余曲折あってとりあえずカリカリ言うのまで出来たのがこれ。

立ってる基板が高圧回路。電池ボックスの上に乗ってるのはパルス整形とピーピー回路です。ここまで作って、カリカリいえば基本動作はOKです。

んでまあ、こんな感じで穴をぶっかいて網をつけてガイガー管を保護します。


ケースはタカチのLC165H-M4。なんで単三×4にしたかというと電池の持ちの問題でこれにしたんですが、電池の取る容積がちょいと大きかった気もしたりしなかったり。でもケースをこれと決めてしまったので、このサイズに収めないといけない。
そんなわけで、高圧基板が小型で縦型になってしまったっていうわけ。

すったもんだのすえこうなった。


右側の上の方にあるのは液晶表示器。これは、ありがちなキャラクタ液晶ですが、16×4文字表示タイプ。右下にうつってるのはArduino Prominiで、処理はもう面倒なのでArduino。1からマイコンで起こすのじゃまくせえ。

という感じで、Inspectorみたいにパンケーキでガイガーカウンターできた!



こんな感じです。やさしお、はまあ当然なんだけど、昆布つええええ!
スポンサーサイト

カリウムでカリカリさせたい!

はいどうも。

段々普通のガイガーカウンターではつまらなくなってきました。
食品のカリウムとか測ってみたいじゃん?

そりゃまあ、普通の管でもそれなりのベクレル数があるやつなら、時間をかければ測れるわけですが、やっぱり食品に当てたらカリカリいうのが欲しい。

カリウムの検出にも使えるガイガー管といえばこちら!



いわゆるパンケーキタイプのガイガー管です。おロシア製。こいつは、それなりのお値段がしますが、eBayあたりで手に入れやすいので探してちょ。マイカ窓が拾いのでカリウム(K40)の放射線も拾えますし、α、β、γに感度がございます。LNDのパンケーキが欲しかったのですが今はちょっと手に入らないので、ここはもうしょうがないのでロシア製と。

まーでもこれも一体いつ作られたのやら、どのくらい寝てたのやらまったく謎です。どうみても最近製造されたとは思えませんが。なんかちょっと錆てるし。

Arduinoで16x4の液晶を使う

ArduinoのLiquidCrystalライブラリ、機能が良くなってきてますが16x4の液晶を使おうとすると、setCursorでズレることが判明。
この原因は簡単で、ライブラリが想定しているDDRAMのオフセット値が横20文字が前提になっているため。

簡単に修正してしまうのであれば、LiquidCrystal.cpp の setCursorを以下のように変更してしまう。


void LiquidCrystal::setCursor(uint8_t col, uint8_t row)
{
// int row_offsets[] = { 0x00, 0x40, 0x14, 0x54 };
int row_offsets[] = { 0x00, 0x40, 0x10, 0x50 }; //ここ!

if ( row > _numlines ) {
row = _numlines-1; // we count rows starting w/0
}

command(LCD_SETDDRAMADDR | (col + row_offsets[row]));
}


ただし、この方法で改造してしまうと20文字を使うとズレてしまうので汎用性という意味ではよろしくないので、ひと工夫。
まずLiquidCrystal.hのコンストラクタを修正。以下を追加する。



uint8_t _displayfunction;
uint8_t _displaycontrol;
uint8_t _displaymode;

uint8_t _initialized;

uint8_t _numlines,_currline;
uint8_t _lcd_cols; //追加する
};

#endif


次にLiquidCrystal.cppのbeginに以下のように追加。


// finally, set # lines, font size, etc.
command(LCD_FUNCTIONSET | _displayfunction);

// save cols
_lcd_cols = cols;       //文字数を保存しておく

// turn the display on with no cursor or blinking default
_displaycontrol = LCD_DISPLAYON | LCD_CURSOROFF | LCD_BLINKOFF;
display();


さらにsetCursorを以下のように修正。


void LiquidCrystal::setCursor(uint8_t col, uint8_t row)
{

int row_offsets[] = { 0x00, 0x40, 0x14, 0x54 }; //デフォルトのオフセット

if (_lcd_cols == 16) {
    //16文字用オフセットを設定
row_offsets[0] = 0x00;
row_offsets[1] = 0x40;
row_offsets[2] = 0x10;
row_offsets[3] = 0x50;
}

if ( row > _numlines ) {
row = _numlines-1; // we count rows starting w/0
}

command(LCD_SETDDRAMADDR | (col + row_offsets[row]));
}



これでbegin(16,4)などで、文字数を16にセットした場合のオフセットが正しくなります。

俺メモ

減塩のカリウム塩 7.8Bq/g

国の暫定基準の米、500Bq/kg = 50Bq/100g

100gの米に6gの減塩カリウム塩を混ぜてよく振っておけば擬似的に、500Bq/kgの米もどきとしてサンプルになる?
これがガイガーカウンターでちゃんと測れるかどうか?

お悩み解決コーナー

CPMとか、トータルのカウント数が出ないガイガーカウンター買っちまった、しまったぁぁ
とか
アナログ式のガイガーカウンター持ってるんだけど、どーすんべ

という皆様にお勧めの機器がございます。

CPM表示やカウント表示の出ないガイガーカウンターでも、放射線を検出した時に光ったり、音が出たりするタイプのガイガーカウンターなら救いがあります。アナログ針式のも大抵、音が出ますよね。

おすすめの機器がこれ!
NEC_0066.jpg

はい、数取り器です。

ちょっとまて、放射線計測するのに数取り器はないだろ!とか言わない。
実はこれは優れた方法です。

今、皆さんが割と気にしてるのは、比較的低線量の箇所で、0.1μSV/hとか0.2μSV/hですよね。
一般的なガイガー管では、このあたりの線量では10CPMとか20CPMのカウントです。つまり、6秒とか3秒に一回位しか、ピカッと光ったり、カチッとかガリッというだけ。
なので、カウント数を測定するなら、数取り器でピカッとかカチッとかガリッを数えます。例えば10分間とか数えてみればCPMがわかりますし、1時間数えてみれば1時間のカウント数がわかります。そうすると、長時間計測でトータルのカウント数がわからないガイガーカウンターでも計測できます。
どんなアルゴリズムで平均化しているかわからないガイガーカウンターでも、この方法を使えば平均のCPM数が計算できます。

そもそもガイガーカウンターでわかるのは、放射線が飛び込んだかどうかだけで、これが「カウント」なわけなので、カウントを計測するのがガイガーカウンターの基本なんです。
それと数取り器が優れているのは、電気あるいは機械的インタフェースを必要としないことです。電子工作できない人でもこれなら安心!

ちょっと難しいのは2発とか3発同時に飛び込んだ場合ですが、これは慣れてくると聞き分けられます。

もちろん、60CPMとかになると手カウントはなかなか厳しくなってきます。100CPMともなればまあ無理でしょう。でも、この辺りになると、どんなガイガーカウンターでも割と正確に数字を出し始めますし、そもそも、そんな線量のところに長時間いるべきではありません。この位になるとアナログのものでも針が割と一定に振れます。

あ、この方法使えるのは割と普通のガイガー管を使ってるやつです。パンケーキは検出感度が高いので、1μSV/hで、300CPM位数えてしまうため、手で計測するのはちと難しいと思います。

«  | ホーム |  »

プロフィール

yamadanohito

Author:yamadanohito
『やまだの人』
ニコニコ動画に「やまだ音楽」シリーズなどを上げています。
Electribeプレイヤーの端っこの方にいます。もともとはESX-1使い。音声処理用に「サンプラーあれば便利じゃ?」と購入。

気が付いたらなぜかEMX-1も家にあったんだぜ!ぐはっ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (15)
ニコニコ動画 (8)
Arduino (27)
回路図 (3)
スケッチ (2)
Live (6)
ガイガーカウンター (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。